ナースの職場の働く環境の問題

一口に看護師と言っても職場の労働環境はそれぞれですが、どこも人の命にかかわる仕事という事で、就業時間や休みはOLさんと同じでも精神・肉体の疲労というのはかなりのものです。

看護師さんの職場の労働環境は改善の必要性が叫ばれていますが、24時間365日、医療を提供し続けるために、医療機関において昼夜を問わず必ず看護師さんが「出勤」しているのです。ある看護職員に対して過労死の認定がされたことを契機に、徐々にですが劣悪であった看護師職の労働環境が見直しをされてきたようだ。

お仕事の労働環境を調べたデータによると、月に40時間を超える時間外労働がある看護師さんが全体の実に16%にも上る割合を占めているのが現状です。病院によっては、労働の環境改善のために準夜勤や深夜勤の時間を制限したり、交代時刻を徐々にでも変更していったり、看護師の方の負担軽減のようにしているということです。

将来看護師になろうとする人達は、労働環境と比較した看護師職の職務のやりがい、誇りと、収入面での満足度を事前に十分検討する事が大変重要です。看護師の方の2交代制に集まる支持の高さを考えると、病院も看護師の方の確保に当たり2交代制の積極的な導入など労働現場の環境を向上させるよう考えないといけないと思ってしまいます。

以前に仕事していた病院の労働環境があまりにひどくて辞めましたので、現在は看護師向けのリクルート情報をインターネット経由で探しています。

HOME > 病院看護師求人探しをサポート! > ナースの職場の働く環境の問題
Copyright(c) 2015 http://www.clinique-almassira.com clinique-almassira.com All Rights Reserved.